トップイメージ
為替介入(外国為替平衡操作)という言葉は聞いた事がありますか?日銀が為替の介入をして新聞記事、雑誌記事、テレビ番組、グーグルなどの情報でご覧になった人もたくさんいるでしょう。元から為替の介入とは日本では、◯大臣(財務大臣)為替相場の安定化を実現するために用いる方策と考えられています。わかりやすく言うと、極端な円高、円安になると財務大臣の指令をもとに中央銀行(日本銀行)日本円を売買して円相場の安定をさせる、ものです。為替介入(外国為替平衡操作)とは方法があります。1.単独介入・・・行政機関または日本銀行が、東京市場で自主的に市場に参入して為替の介入を行なう。2.協調介入・・・複数の銀行などが協議しそれぞれの銀行などが資金を利用してタイミングを合わせてもしくは少しずつ外国為替市場介入(為替介入)を実行していく。3.委託介入・・・他の国の通貨当局へ介入の実施を託す。4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が外国の通貨当局に成り代わって為替介入(外国為替市場介入)を遂行する。こういった種類があります。いずれのやり方の外国為替平衡操作(為替介入)も一時的に、あるいは引き続いて為替のレートに多大な影響力を与えると思います。外国為替市場介入(為替介入)の資金は当然自国の威信をかけているだけに桁外れです。円を基本にみると、普通はほんの少し変動するレートが急に数円ごとの変動をします。投資家の方なら今までに経験があると思うのですがこれまで見込み通り含み資産(もしくは損失)が増加していた保有高を維持していたところで、保持しているポジションが決済となりましたとのことで報告が業者の発信でEメールが届き。どれだけの儲けかな(損失が出たのかな)?と思いながら決済後の報告を確認したところ、自分が予測していたものとは真逆の結果となり目を丸くしたとのことがありました。介入が行われた時によく起こることです。為替介入(外国為替市場介入)を行うと市場の変動と逆の変化をすることがわかります。まして変化する金額の範囲は非常に大きく動くため用心しましょう。

リンク

Copyright © 1998 www.lifeforlauren.org All Rights Reserved.